年齢を重ねると自然と太る!基礎代謝が落ちて脂肪が付きやすい

厚生労働省が日本国民の体型を調査

厚生労働省が日本国民の体型を調査

厚生労働省による毎年の「国民健康・栄養調査」では肥満と痩せすぎに重点を置いた体重の統計が発表されています。

その中でも痩せている人が気になるBMI18.5以下の痩せすぎの比率は以下の通りです。例えば、男性の20代では8.0%の人が痩せすぎでした。

年齢男性の痩せすぎ女性の痩せすぎ
15~19歳18.6%16.3%
20~29歳8.0%23.4%
30~39歳5.1%14.7%
40~49歳1.6%7.2%

厚生労働省の調査では年齢と共に痩せている人は減少していることがわかります。20歳を過ぎると基礎代謝量が落ちながらも、食欲は変わらないので体重が増加していくことからです。

このように年齢を重ねるごとに自然と太る現象は正しいです。しかしながら、これは筋肉ではない余分な脂肪の蓄積を意味します。

痩せすぎの男性が加齢で太る

男性は20代後半からお腹と背中に脂肪が付いて、何もしなればウエストだけが10cm以上も増えるでしょう。胸板も多少は厚くなりますが、イメージとしてはカッパのような体型になります。

さらに痩せているにもかかわらず、内蔵に脂肪が溜まるリンゴ型の隠れ肥満になる可能性もあります。

痩せすぎの女性が加齢で太る

女性は20代半ばから主にヒップに脂肪が付き始めます。母になるための準備とも言えますが、基本的には運動不足で基礎代謝が落ちた結果です。

それと同時にへその下のほうにも脂肪が溜まり、洋ナシのような体型になります。男性と違って筋肉が少ないため、腕や足は細いままです。

やはり、痩せている人が理想の体型を得るためには、加齢に任せるのではなく、適度の運動といつもより多い健康的な食事が必要になります。

10代から20代中盤までは太りにくい

男女問わず年令を重ねるたびに、基礎代謝が落ちていきます。基礎代謝とは生命維持のために使うエネルギーのことで、日常で消費するカロリー量を意味します。

呼吸器、循環器、神経、肝臓、腎臓などの臓器が活動するためのエネルギーも基礎代謝に含まれます。

よく「ランニング30分=ご飯1杯分の250kcal」という表示を目にしますが、これはランニングのみで消費したカロリーです。実際にはこの運動による消費カロリーに基礎代謝で消費するカロリーが加わります。

1日に消費するすべてのうち、基礎代謝の割合は70%を占めますので、仮に1日の基礎代謝が1,500kcalの人であれば、特別な運動をしなくても1時間で60~100kcalのカロリーは消費しています。

この基礎代謝量は16~18歳でピークを向かえ、徐々に減少していくため、18歳までは大人と同じ太る方法で太ろうとしても、子供のほうが大人より太る速度が遅いことは事実です。

逆に大人になると基礎代謝が下がるため、若い頃と同じような食事量を摂っていると、急に太ってしまうこともあります。

ただし、運動もせずにただ食べるだけで太る可能性は高いですが、脂肪は自分の意図する部位には付いてくれません。男性ならお腹や背中、女性ならお腹やお尻に脂肪が溜まります。

痩せすぎの人がいくら太りたくても、お腹ぽっこりで手足が細い体型ではむしろかっこ悪いです。健康的に太るためには筋肉と脂肪を一緒に増やしていかなければいけません。

また、痩せている人は基礎代謝が落ちにくいこともあり、大人になってもあまり太らないこともわかっています。

太りたい人の太る方法とは健康的に白米をよく食べて、筋肉になりやすいタンパク質を多く含むホエイプロテインの併用が有効的です。さらに男女問わず、ランキングやトレーニングで筋力アップすると理想体型に近づきます。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2005.10.15
更新日更新日 2015.06.06

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
太りたい人の太る方法編集部
太りたい人の太る方法編集部
執筆・編集
太りたい人のための太る方法を徹底解説。食事内容や体質改善、実証済みのプロテインで体重を増やします。

関連する記事

RELATED ARTICLES
太れない15個の原因!食欲不振・栄養吸収率・拒食症など
太れない15個の原因!食欲不振・栄養吸収率・拒食症など
太りすぎのために見た目を気にしたり、健康リスクで悩んだりすることと同様に、痩せすぎもひどく貧相に見えたり、健康的ではないことから、大勢の...
痩せすぎに起こる体調不良!肩こり・貧血・乾燥肌・冷え性など
痩せすぎに起こる体調不良!肩こり・貧血・乾燥肌・冷え性など
テレビでは「太っているとかかりやすい病気」などの特集がよく組まれています。確かに高血圧、筋梗塞、動脈硬化など、肥満とはあらゆる病気の原因...
プロテインが飲めない人は?不足分の栄養素を食事から摂取しよう
プロテインが飲めない人は?不足分の栄養素を食事から摂取しよう
筋トレをしながらプロテインを摂取して、1年で6kgも増えたのですが、健康診断で尿から蛋白が発見されました。プロテインの摂取はやめたほうがいい...
プロテインの正しい飲み方は?のどが渇いているときに牛乳で割る
プロテインの正しい飲み方は?のどが渇いているときに牛乳で割る
プロテインを飲む際に牛乳を温めたほうが、小腸での吸収率が上がるのではないかと考えていますが、プロテインが熱に弱いことはないでしょうか?森...
白米とプロテインで効率的に太る!太るコツ10カ条を実践しよう
白米とプロテインで効率的に太る!太るコツ10カ条を実践しよう
食事で吸収するエネルギーを「摂取カロリー」、体が使うエネルギーを「消費カロリー」と呼びます。シンプルに「摂取カロリー>消費カロリー」にす...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK