不健康そうだから太りたい!周囲の目が気になる心理を改善する

痩せているが代名詞ではもったいない

痩せているが代名詞ではもったいない

人に「あの人は痩せている」と言われるくらいであれば、まだ納得できますが、小声で「細すぎて気持ち悪い」と言われると、傷つきやすいです。

痩せすぎを「スラっとしている」や「足が長い」と遠まわしに指摘されても、同じように自己嫌悪に陥ったりもします。いずれにしても本人が原因でマイナスの印象を与えているわけです。

相手は何気ないつもりで言ったとしても、自分の耳に入るたびに傷つき、悩み、自身も相手に良い印象は抱かないでしょう。

本当は「目がパッチリしている、髪はサラサラしている、肌が透き通るようにきれい」であるにも関わらず、痩せすぎという特徴が強すぎて、他の特徴が薄れてしまいます。

また、他人への最初の印象は相手の表情や清潔感から判断されて、3~10秒で決まることが多く、話し方や接し方でまた最終的な印象が変わってきますが、ビジュアルである第一印象は、瞬時に相手の脳裏にイメージを植えつけてしまいます。

痩せすぎの人は第一印象が悪いです。見た目が健康的ではないことで、近づき難かったり、頼りがいに欠けているといった先入観が働くためです。これはコミュニケーションを取る上でリスクを背負っていると言えます。

そのリスクを取り除くために、少しでも太って見えるような努力をしている人もいるでしょう。それに体重が標準的であれば、もっと自分の長所を見てくれるかもしれません。

特に男性は「痩せている=弱い」のイメージを持っており、どうにかこうにかして自分を強くみせようとします。女性も「痩せている=貧相」などのイメージを払拭したいと考えています。

痩せすぎを少しでも隠そうと、シャツやズボンの重ね着をすることは基本です。それでも風など吹いたときには、張り付くズボンが嫌で仕方がありませんでした。足が細い人は、英語圏ではチキンレッグ(にわとりの足)と揶揄されたりもします。

常に「痩せている」と言われるのではないかと、人一倍見た目にこだわり、ビクビクしながら歩いてしまうくらいです。後ろから見られることさえ嫌で、特に異性の知り合いより先に歩かなかったりしたこともありました。

見栄をはらずに堂々と振る舞う

過去に「太りたい悩みさえなければ」と何度も思ってきましたが、この精神的な負担を減らすことが大切です。

まずは「痩せているものは痩せている」と認識します。下手に隠そうとすると、振る舞いが消極的になり、余計にネガティブな印象を相手に与えてしまいます。

それに「隠せば大丈夫」と思い込むと、自然と太る意欲にブレーキをかけることになってしまいます。

太く見せようとする努力は正しいですが、それが安心感に変わってしまうと、自分ではない虚構のほうに頼りがちです。その行為自体が新しいストレスになるので、太く見せる工夫と本来の自分の切り替えを意識しましょう。

加えて、重ね着は身体に悪影響を及ぼします。大げさではありますが、体本来の保温機能が低下しますのでよくありません。

通常は「寒くて体が冷える、体温を保持したい、体の脂肪を燃やす、体内に食べ物を入れて暖かくしたい、食欲が湧く、食べ物を食べる、栄養に変わる、脂肪が蓄積される」という流れです。

この循環に対して、体が適切に反応しなくなります。夏場や冬場でも自分の体に嘘をつこうとしないことです。

他人の印象が変わるわけではない

他人に対してビクビクしなくなれば、解放感が得られて、太りたい人の太る意欲も促進されます。今までは自分にコンプレックスがあるばかりに、そのコンプレックスを隠そうと本質が改善できない努力をしていました。

しかし、実は他人はそこまで自分を見ていません。痩せているといってもそれだけのことであり、仮にどこかで陰口を言われても本当のことで嘘ではありません。

それに自分では隠そうとしても、こけた頬や目の下のクマ、日常的な動作ですぐに痩せすぎであることはばれています。相手に悪気はないのですが、例えば「何でズボンを2枚はいているの」と疑問を持たれたりもするわけです。

痩せているのは周知の事実であり、何かを言ってくる人はただコミュニケーションのために伝えているだけです。

痩せている自分に必要なことは「自分は太りたい」と決意し、太った自分をイメージすることです。コンプレックスと決別したいなら痩せている自分をあえてさらけ出して、その屈辱をやる気に変えていきましょう。

常にビクビクしていて、積極性に欠けた自分でいることはもったいないです。物おじせずに恥じることもなく、もっと堂々としましょう。他人は他人であり、自分は自分しかいません。太りたい人は精神面でも自分を大きく磨いていきましょう。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2005.09.13
更新日更新日 2015.06.06

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
太りたい人の太る方法編集部
太りたい人の太る方法編集部
執筆・編集
太りたい人のための太る方法を徹底解説。食事内容や体質改善、実証済みのプロテインで体重を増やします。

関連する記事

RELATED ARTICLES
スタミナ不足で太りたい!エネルギー源になる脂肪の量を増やそう
スタミナ不足で太りたい!エネルギー源になる脂肪の量を増やそう
私は小学校1年生の健康診断の結果に「非肥満」と書かれてしまうほど、小さい頃から完全な痩せすぎの体型でした。幼い頃に頻繁にお腹が痛くなったこ...
【漫画】男性が太る方法!胃腸・食事・運動で体重と筋肉を増やす
【漫画】男性が太る方法!胃腸・食事・運動で体重と筋肉を増やす
目標に具体的な数値を設定すると、太る方法を実践している最中も「あと胸囲が5cmほしい」など、モチベーションが維持しやすくなります。その際の1...
プロテインの正しい飲み方は?のどが渇いているときに牛乳で割る
プロテインの正しい飲み方は?のどが渇いているときに牛乳で割る
プロテインを飲む際に牛乳を温めたほうが、小腸での吸収率が上がるのではないかと考えていますが、プロテインが熱に弱いことはないでしょうか?森...
消化しやすい食品を食べよう!なるべく胃腸に負担をかけない
消化しやすい食品を食べよう!なるべく胃腸に負担をかけない
太れない人には胃腸が弱い人が多いです。もしくは本人が気づいていないだけで、胃に負担がかかりやすい食べ物を食べては、食欲を衰退させているこ...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK