胸を少しでも大きくしたい!痩せすぎの人のバストアップ

痩せているバストをふっくらさせる

痩せているバストをふっくらさせる

日本人のバストサイズがアップしている

バストサイズは遺伝の影響を受けやすく、日本人女性は寸胴型でバストサイズも小さい傾向があります。そのため、特に5~9月にかけてはバストに対する悩みが急増します。

「胸元の開いた服やピチッとした服を着こなしたい」
「パッドを入れても、水着になることが恥かしい」
「25歳を過ぎたあたりからバストの形が崩れてきた」

しかしながら、バストサイズを決める要素は遺伝だけではありません。女性のバストは体全体の脂肪量に影響されやすいため、特に体重と体脂肪が関係しています。

そのため、食事内容を改善するとバストサイズが上昇しやすいです。そもそも日本人がパンやパスタなどの小麦類、牛肉といった欧米の食事を好むようになってから、バストサイズは上昇傾向にあります。

さらに平均身長も年々高まっており、その結果、バストサイズである乳頭位胸囲もアップすることで、バストカップが上昇します。下記はトリンプ・インターナショナル・ジャパンによる日本人のカップ数の統計データです。

カップ 1980年 1992年 2004年
A 58.6% 25.9% 10.2%
B 25.2% 28.3% 27.8%
C 11.7% 24.1% 27.8%
D 4.5% 12.8% 21.5%
E 7.8% 10.0%
F 1.1% 2.1%
G 0.6%

1980年には過半数を超えていたAカップですが、1992年はBカップが最も多くなり、2004年には10人中9人はBカップ以上となりました。人気の高いCとDカップだけでも55.6%に達します。

男性の身長や薄毛のような自分では対応しきれないコンプレックスに比べると、変化しやすい女性のバストは改善できる余地が大きいです。

成長しなかった脂肪細胞を活性化する

ダイエット中の女性が「胸から脂肪が落ちていく」ことに悩んでいるように、痩せている女性は胸周りの脂肪が少ないため、バストサイズの小さい人が多いです。

そこで男性のように腕立てなどのトレーニングによる筋力アップで、胸囲を大きくしようとする女性もいますが、女性は筋肉が発達しにくいために、筋肉を大きくするバストアップは効率的ではないです。

確かに太ることで脂肪が増えれば胸は大きくなりますし、筋肉で胸筋が張ってバストの形はきれいになりますが、乳房が直接大きくなるわけではありません。そのため、バストアップは解決しにくい悩みに思えます。

しかしながら、バストアップは単に脂肪が少ないことや筋肉が小さいことが原因ではなく、女性ホルモンの活動が鈍くて、脂肪細胞がうまく成長しなかったことも関係しています。女性ホルモンとは肌や髪質を始め、美容で大切な役目を果たしているホルモンです。

胸にコンプレックスを感じている女性には、思春期に成長しきれなかった脂肪細胞が潜在的に存在している可能性があります。脂肪細胞は遺伝や食事などが原因で成長しきれなかったとも考えられますが、それ以外にも女性ホルモンの不足が指摘できるわけです。

そのため、女性ホルモンで活性化することで脂肪細胞を刺激して、バストアップを誘発させたいです。それには女性ホルモンに近い成分を含んだ食品を摂取することが必要になってきます。

女性ホルモンに近い働きをする食品

20歳半ばを過ぎるとバストサイズに関係なく、老化現象による女性ホルモンの減少と筋力低下が始まり、胸が小さくなります。そこで女性ホルモンに近い働きをする食品を食べて、その老化スピードを緩める試みが実施されています。

例えば、大豆やザクロなどの食品が女性ホルモンに近い成分を含んでいます。ただし、これらを適量食べてもバストアップに有効とは言えません。

このような食品よりも、現在はバストアップの仕組みは科学的に解明されていますので、バストアップサプリ、バストアップクリーム、バストアップ補正下着などのほうが効率的ですし、実際に人気が高いです。

特にバストアップサプリの多くにはプエラリアが含まれています。プエラリアは女性ホルモンに近い働きをするイソフラボンの含有量が、大豆の40倍もある食品です。

プエラリアの原産国であるタイの国立大学による研究結果では、プエラリアを25~45歳までの女性250人に摂取してもらったところ、約84%にあたる女性が最低2.5cmもバストアップしたとの発表もありました。

今では純度99%以上のレディースプエラリア99%マシュマロヴィーナスグラマラスリム・スタイルアップなどの定番サプリも登場しています。

現在は医療の進歩により、脂肪注入をする豊胸手術やヒアルロン酸を注入する一時的なバストアップも選べるようになりましたが、手術に抵抗がある人は、まずは身体を形成する栄養素の改善をおすすめします。

安心できるバストアップサプリ

レディースプエラリア99%
累計100誌以上で紹介されているレディースプエラリア99%は、多くのモデルさんからも支持されています。10年以上も販売実績があり、プライバシーに配慮して中身がわからないように配送してくれます。

マシュマロヴィーナス
口コミランキングで第1位を獲得したバストアップサプリです。発酵させたプエラリアを使っているために栄養価と吸収率が高いです。また、女性ホルモン作用が高いワイルドヤムやアグアヘなどが含まれています。

グラマラスリム・スタイルアップ
イソフラボンが大豆の40倍も含まれるプエラリアを凝縮しました。女性らしさを維持するために120種の生酵素やビタミンも配合されており、美肌効果も期待できます。特別キャンペーンなどもあるため、気軽に試してみましょう。

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2008.01.18
更新日更新日 2017.09.25
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
プロテインが飲めない人は?不足分の栄養素を食事から摂取しよう
プロテインが飲めない人は?不足分の栄養素を食事から摂取しよう
筋トレをしながらプロテインを摂取して、1年で6kgも増えたのですが、健康診断で尿から蛋白が発見されました。プロテインの摂取はやめたほうがいい...
プロテインの正しい飲み方は?のどが渇いているときに牛乳で割る
プロテインの正しい飲み方は?のどが渇いているときに牛乳で割る
プロテインを飲む際に牛乳を温めたほうが、小腸での吸収率が上がるのではないかと考えていますが、プロテインが熱に弱いことはないでしょうか?森...
【漫画】女性が太る方法!小さい胸も脂肪が増えると大きくなる
【漫画】女性が太る方法!小さい胸も脂肪が増えると大きくなる
太る方法を実践する前に、目標とする数値を計算しましょう。あなたの身長、体重、活動係数を入力することで、1日の消費カロリー、標準体重とBMI、理...
【漫画】男性が太る方法!胃腸・食事・運動で体重と筋肉を増やす
【漫画】男性が太る方法!胃腸・食事・運動で体重と筋肉を増やす
目標に具体的な数値を設定すると、太る方法を実践している最中も「あと胸囲が5cmほしい」など、モチベーションが維持しやすくなります。その際の1...
消化しやすい食品を食べよう!なるべく胃腸に負担をかけない
消化しやすい食品を食べよう!なるべく胃腸に負担をかけない
太れない人には胃腸が弱い人が多いです。もしくは本人が気づいていないだけで、胃に負担がかかりやすい食べ物を食べては、食欲を衰退させているこ...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
太りたい人の太る方法編集部
太りたい人の太る方法編集部
執筆・編集
太りたい人のための太る方法を徹底解説。食事内容や体質改善、実証済みのプロテインで体重を増やします。

ピックアップ

PICKUP